Latest News
最新のニュース 

Thank you so much for coming to new year concert in Japan ! 

井上裕子チェンバロ&フォルテピアノ ニューイヤーコンサート
終了致しました。沢山のご来場ありがとうございました。

コンサートレポート

お正月の穏やかな天気から一転、数十年に一度の寒波に見舞われた南九州。積雪による交通規制にも関わらず、宮崎・鹿児島、遠くは何と広島から、予想を遥かに上回る来客に恵まれた。

コンサートは、第一部がチェンバロ・第二部がフォルテピアノの二部構成。トークを挟み、来場者とやりとりしながら、終始フレンドリーな雰囲気で、演奏はすすめられた。第一部では、冒頭にJ.S.バッハのニ長調のパルティータから序曲。楽器や作曲家の説明を挟み、アルマンドからジークまで全曲を演奏。豊かな感情表現と圧倒的なテクニックで、来場者を圧倒し、会場は不思議な静寂と熱気に包まれた。二曲目は、フォルクレのハ短調の組曲からジュピター。彼女の華奢な身体から想像もできない、パワフルな音色に、観客は息を飲み、あっという間に井上裕子の世界に引き込まれて行ったのであった。

チェンバロ部の最後には、秘密のプログラムが用意されており、これまた会場を大いに湧かせたのであるが、これは来場者だけが知る内緒の楽しみということにさせて頂こう。

第二部・フォルテピアノ。まずは、彼女の十八番であるカール・フィリップ・エマヌエル・バッハが演奏された。会場は一気にチェンバロとは異なる新たな世界へと引き込まれ、彼女の彩り豊かな音色と、完璧なテクニックに裏打ちされた素晴らしい感情表現に魅了されていく。また演奏されることの少ないユニークな作曲家に、聴衆は興味深々であった。続いては、ハイドンのソナタハ短調。彼女ならではの解釈で、見事に構築された作品は立体的で叙情的、実に見事であった。三曲目は、会場にあるフォルテピアノの音色をより深く味わう為に、シューベルトの即興曲が演奏された。彼女の素晴らしくカラフルな音色は、詩的なメロディーを朗々と歌い上げ、歌い手のいない歌曲を聴いているようであった。

プログラムの最後は、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハに戻る。フォルテピアノの部では、彼女の得意とする作曲家、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの紹介も兼ね、アンコールを含め、沢山の作品が演奏された。スペインのフォリアは、12の変奏曲全てが完全にキャラクタライズされており、観客は目まぐるしく感情模様の変化するその作品を心から楽しみ、彼女に割れんばかりの拍手を送ったのであった。

Concert Report

Although it was snowing, what we have not had in some twenty years, a big crowd showed up from many places around. 

The concert program was made up of two parts, first half: harpsichord, second half: fortepiano, with a wonderful moderation by the performer herself. First, she opened the concert by playing Overture from J.S.Bach's Partita in D-Major and made a little speech about the instruments & composers. In her little speech, the audience could relax wonderfully and subsequently, enjoyed very much the succession of the Partita, which Yuko Inoue performed with profound expression and great technique. Next was the piece "Jupiter" by Antoine Forqueray, in which the audience were breath-taken at her powerful sounds - they were really wondering how she could make these sounds!

After then, she did a little "secret program" for the audience - great fun for everyone (- but we keep this as a secret for the people who were there).

In the second half, she started with Carl Philipp Emanuel Bach's Fantasy. In a flash, the audience were attracted into Yuko's fortepiano world - another, new world, with such colourful sounds and with an overwhelming technique. People were deeply interested this composer, who is not particularly  "mainstream". Next item was Sonata c minor by Haydn. It was wonderful performance, rendered so lyrical and stereophonic by her special interpretation. Third item was Impromptus by Schubert, this was programmed for introduce and enjoy more the romantic fortepiano sound. (here, represented by a copy of a Dulcken instrument by J.C. Neupert.) She expressed this piece as a "no-text" song, her colours of sound and phrasing painted a lot of imagination for her audience . 

And, for a last item, back to Carl Philipp Emanuel Bach. She wanted to introduce this eccentric composer by playing a more exotic piece, the 12 Variations upon "die Follie d'Espagne". She characterised each variation perfectly, the audience enjoyed and was attracted to these funny and dizzying emotions. 

After her concert the audience gave thunderous applause. It was such a entertaining and great concert!